FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

育てたように子供は育つ?

今日、職場に向かう電車で、私から少し離れたところで一人が立って椅子が空きました。
その左側に立っていた高齢の男性が座ろうとアクションを起こしたのですが、
右側から若い女の子がすっと座りました。
え~っ!!
暫くは無性に腹立たしくて、悲しくて・・・
高齢者の心は・・・?
きっと、世の中の変化に驚いていらっしゃる事だと思います。
一方今日、
・子供が鎖に繋がれていた。
・女の子の頭が陥没するくらい虐待を受けていた。
とのニュースが流れています。

どうなってしまったのでしょう!!

”親に育ててもらえなかった動物は自分の子を育てられない” と言いますが
人間社会も同じです。
もし、
人間らしい育て方をしてもらえてなかったら
そして人間としてのしつけをされていなかったら
親の愛情を受けていなかったら

きっとその子達には
次の世代を育てる能力が身についていないのでは、と予想されます。

”子供は産めますが、子育てはできません”

この世に生を受けても親の愛情も知らず、虐待や育児放棄を受ける子供たち。
表現の機会や能力を持たない幼子の心の中は?と考えるとたまりません。

一方,
そのようにしかふるまえない母親たちにも憐れみを感じます。
きっと彼女たちも十分に子育てをしてもらえなかった犠牲者では・・・。

最近、
女性がもっと社会に出て云々と言われていますが、
それによって子供が犠牲にならないようにしなければいけません。
保育所を充実させることも大事かも分かりませんが、
せめて子供たちが自己表現のできるくらいまでは
お母さんの胸に抱かれる時間を削ることの無いようにしてあげてほしいと思います。
大きな群れにいる羊は自分のお母さんの臭いを頼りに付いて行くそうです。
人間も
お母さんの胸から、又その匂いから早く離されると情緒豊かに育つとは考えられません。
一方、お母さんも長く胸に抱いた子だからこその愛情と責任がわくように思いませんか?

嘆かわしい事件や, え~っと思うような光景に出会うたびに
もっと根本的に直さなければいけないことがあるように思えてなりません。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ちゃあちゃん

Author:ちゃあちゃん
日々の生活で気づいたことを長年生きてきた私の気持ちも添えて皆様に紹介したいとブログを始めました。
さらに子供や孫たちの記憶に残ることも願いながら・・・。 
職業 管理栄養士
家族 夫と二人住まい
   子供・・3男1女
 (全員結婚してくれました)
   孫・・3人
趣味 旅行と音楽に関すること

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。