ふらっと出かけた旅でしたが・・・

先日
久しぶりに時間が取れたので
夫と二人で富山、金沢へ2泊3日の旅に出かけてきました。

しっかりした予定もなく変更自由。

決めていたのは行き帰りの電車と宿泊先、
それに金沢から和倉温泉に走る花嫁のれんという観光列車のみ。

初日の昼ごはんは富山の周辺で見つけた小料理屋。
既に2時を過ぎようとしていましたが、
何でも良いのなら、

朝、港に上がった美味しいお刺身とお味噌汁などを出していただきました。

その店は
皇族や政府関係者もよく利用するお店らしく、
こじんまりとしていますがやはり違います。
店主の方もとても優しく次回も必ず訪れたいと思っています。

その後
砺波に行き夜高祭りを見ました。

3か月もかけて飾り付けられた15基程の行燈のパレードです。
ねぶたほど大きくはありませんが、負けず劣らずの迫力と感動でした。

それほどメジャーでもないからなのかゆったりと楽しむことができました。

祭りの前の夕食は
古民家での美味しいおそばとてんぷら

往復2時間もかけて訪れた甲斐がありました。

ホテルに戻ったのは11時頃でしたが大満足の1日でした。

翌日は氷見に出かけ
少し寂れた商店街で昔ながらの美味しい和菓子に出会いました。

その後高岡の町では、
手作りのガラス細工に出会い、
今我が家の玄関に飾っています。

3日目は予約していた花嫁のれん
片道2時間程ですが、
綺麗に飾りつけられた列車では、民話が聞かれたり、美味しいお茶をいただいたり・・・

私たちは同じ列車ですぐ引き返しました。
帰りは違う個室に予約しておきました。

とても美味しいお弁当を頂きながらの二時間。

4人掛けの個室では
長野から娘さん夫婦に連れて来てもらった87才のおばあさんとの話に花が咲きました。

見るからに素朴で優しい方です。
長年生きてこられた方だけに歴史もいっぱいです。

でも、
辛い事はすっかり忘れた?
忘れる努力をした?

話の所々に
”人生いろいろありますわな”

でも、今が一番幸せです!!!

ご主人を亡くされて以来一人住まい。

キュウリも3本植えました。
トマトやなすも・・・
もうすぐ家の周りに植えた百合がいっぱい咲きます。

娘や息子の家族が気を遣ってくれます。

ありがたいことです。

私は手紙を書くのが好きです。
住所を教えてくださいね。
また、手紙を書きますから。


お二人は何時までも元気で仲良くしてくださいよ。
仲良しが一番!

主人も感動したのか
別れ際には何度もおばあさんと握手をしていました。

ふらっと出かけた旅でしたが、
綺麗な景色と美味しい食べ物、
そして人々との巡り合い
心に残る旅を満喫できました。
スポンサーサイト

パパそっくりやね!!!

先日の朝、職場に向かう途中
小学生の女の子二人連れを追い越す時に
聞こえてきた一言
「今朝お母さんにあんたはパパそっくりやね!って言われた・・・・」
と、暗い感じで話している姿に遭遇しました。
その後の話や友達の返答は聞いていませんが、
妙に引っ掛かりながら歩を進めました。

真相は分かりませんが

主人の、
嫌な話し方や動きが子供に重なった時、
しかも、
自分がちょっとイライラしている時
その不満を反抗できない子供にぶつけてしまう事があります。

でも
今、お婆ちゃんの立場になってこの言葉を聞くと、
言われた子供が気の毒に思えてなりません。

生まれてきた子供には何の落ち度もないのに

何か失敗や、間違いを起こした時
もう治らないかの如くに非難される、

”それもお母さんから。”

言われた子供は
これからは気を付けるけど、大丈夫かな・・・?
直るかな・・・?

再び同じ失敗をしたとき、ママの言葉を思い出し、落ち込むのでは。

もしかしたらパパを嫌いになるかも・・・

私にも子育て中の娘がいます。
次回会った時
一言伝えておこうと思っています。

でも、娘からは
「お母さんも私に言ってたやん!!!」

きっと言われるでしょうね。

コウノトリ雄が子育て!!!

先日
子育て中コウノトリの雌がサギ駆除ハンターの誤射により殺されてしまった記事がありました。

後日
雄のコウノトリが4羽の雛に餌を与え、子育てを始めたというニュース。

結局
雄だけでの子育ては無理との判断で保護されたそうですが。

「鳥が!!!!」

今や人間社会では

親が我が子を
殺した
虐待をしている
車の中に放置 
ご飯を十分食べさせていない・・・

そして自身の楽しみに没頭

嫌なニュースが時々耳に飛び込んできます。

万物の霊長人間はどうなってしまったのでしょう???

誰に育ててもらったのですか?

不幸にしてご両親ではなくてもどなたかの愛情で育ったのでは?

逆に
いつまでも関わり過ぎる
子供の人生までもかじ取りをする
それもあまり賛成ではありませんが、

せめて自分の努力で生きていけるようになるまでは育ててあげる責任があります。

コウノトリのニュースを見て
改めて、
人間社会の変貌に嘆いているところです。


孫の訪問

先日孫からのLINEで
「ちゃあちゃん夕ご飯食べに行ってもいい?」

近くに住む孫は時々学校の帰りに我が家に寄ります。

昨晩
「私はおでんが食べたいなあ~」
「こんなに暑くなってきたのにおでんなんか食べたいの?」
とそっけない返信をしたものの
今朝からスーパーに行き、おでんの材料を購入。

おでんとイタリアン風サラダと今朝炊いた豆ごはんそれに汁物。
大したご馳走ではありません。

でも
孫にだけはマンゴープリンも買ってきて冷やしてあります。

「ちゃあチャンのごはん美味しい!」
「また来ていい?」
と言ってもらいたくて
食べる時の笑顔が見たくて
ついつい甘くなってしまいます。

今日来られなかった弟に届けるおやつも買ってきました。

自分の行動を振り返ると
母が私の子供にしてくれていた姿です。

年は随分重ねてしまいましたが、
孫に恵まれ
孫の好物を作って待てる境遇に感謝しなければと
お茶を飲みながらつくづく考えています。

頑張らなければと
心なしか元気になっている自分にも気づかされています。

増え続ける子供の偏食

子供の偏食が増えているとのこと。

ご飯には必ずふりかけをかけて、
おかずはウインナーか、から揚げくらい・・・
野菜なんてとんでもない。

そんなはずはないと思いますが、
それが現実にあるみたいです。
それもかなり多くの子供が・・・

成長期の子供ですからお腹が空かないはずがありません。

じゃ、何を食べる?

菓子パンやハンバーガー
砂糖や油いっぱいの菓子類です!!!

人間に限らず生物は
成長に更には生命維持のために摂らなければいけない栄養素があるはずです。

なのに栄養素は満たされず
ただ、空腹を満たすだけの食事での日々を送るとどうなるでしょう・・・?

もちろんパンや菓子にも
それなりの栄養素は含まれていますから
成長はすると思います。

が、正常な成長が望めるでしょうか?

”健康な精神は健康な肉体に宿る”

切れる子
我慢のできない子
多動症と言われるじっとできない子などなど

偏った食事
インスタントに頼った食事
も大きな原因だと思います。

子供の偏食は大人の責任です!

忙しいからと
ハンバーガーではなく
せめてサンドイッチを作ってあげましょうよ
インスタントラーメンではなく
野菜を入れての焼きそばを作ってあげましょうよ

お母さんの心が入った食べ物が
子供の心を成長させるように思います。

小学校の給食にも
必ずふりかけを持たせる親がいます。
子供は嫌な給食のときは
ふりかけでご飯を食べます。

将来どんな子に育つと思いますか?

どのように育ててあげることが親の役目ですか?

どのように育ってほしいですか?

先ずは
「心身共に健康な体をを作ってあげること。」

これが親の一番の任務だと思いませんか?

そういう私も
子供たちからは何点貰えるのでしょうか・・・?
ちょっと心配です。
プロフィール

ちゃあちゃん

Author:ちゃあちゃん
日々の生活で気づいたことを長年生きてきた私の気持ちも添えて皆様に紹介したいとブログを始めました。
さらに子供や孫たちの記憶に残ることも願いながら・・・。 
職業 管理栄養士
家族 夫と二人住まい
   子供・・3男1女
 (全員結婚してくれました)
   孫・・2人
趣味 旅行と音楽に関すること

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR