増え続ける子供の偏食

子供の偏食が増えているとのこと。

ご飯には必ずふりかけをかけて、
おかずはウインナーか、から揚げくらい・・・
野菜なんてとんでもない。

そんなはずはないと思いますが、
それが現実にあるみたいです。
それもかなり多くの子供が・・・

成長期の子供ですからお腹が空かないはずがありません。

じゃ、何を食べる?

菓子パンやハンバーガー
砂糖や油いっぱいの菓子類です!!!

人間に限らず生物は
成長に更には生命維持のために摂らなければいけない栄養素があるはずです。

なのに栄養素は満たされず
ただ、空腹を満たすだけの食事での日々を送るとどうなるでしょう・・・?

もちろんパンや菓子にも
それなりの栄養素は含まれていますから
成長はすると思います。

が、正常な成長が望めるでしょうか?

”健康な精神は健康な肉体に宿る”

切れる子
我慢のできない子
多動症と言われるじっとできない子などなど

偏った食事
インスタントに頼った食事
も大きな原因だと思います。

子供の偏食は大人の責任です!

忙しいからと
ハンバーガーではなく
せめてサンドイッチを作ってあげましょうよ
インスタントラーメンではなく
野菜を入れての焼きそばを作ってあげましょうよ

お母さんの心が入った食べ物が
子供の心を成長させるように思います。

小学校の給食にも
必ずふりかけを持たせる親がいます。
子供は嫌な給食のときは
ふりかけでご飯を食べます。

将来どんな子に育つと思いますか?

どのように育ててあげることが親の役目ですか?

どのように育ってほしいですか?

先ずは
「心身共に健康な体をを作ってあげること。」

これが親の一番の任務だと思いませんか?

そういう私も
子供たちからは何点貰えるのでしょうか・・・?
ちょっと心配です。
スポンサーサイト

花見の季節到来!!!!

3月も終わりに近づき
テレビやラジオなどからは桜情報が飛び交っています。

桜が咲いたら・・・

何処に行く?
誰と行く?
いつ?
着ていく服は?
食事は?

思いは尽きません。

が、
花見を待つ日々
皆さんはどう過ごされていますか?

なんとなく必要な事だけはやりますが、
心は既に花見をしていませんか?

私もずっとそうでした。
が、
歳を重ね残りの人生が見えてきた今、
これは時間を無駄に使っているのでは?
と少し考えるようになりました。

既に体を壊し外にすら行けなくなったとの情報が友人から届きます。

昔ほどではなくても
自由に動けている日々への感謝も無く
1日ぐらい無駄に過ごしても・・・・

と思っていましたが、
今日、今
を大切に生きること!!

ついには自由が利かなくなった時

まあまあうまく生きてきたのでは・・・?
と思えるようにしなければ。

自身に言い聞かせているところです。

できるかなあ~

でも頑張ろう!!

子供の成長に大切な事

最近
スマホやゲーム、テレビで子育てを軽減する親が増え、
子供の成長に良くないと問題提起され始めています。

実際
我が孫の成長を見るにつけ
そのような環境にいる供がかわいそうに思えてなりません。

孫は生まれて2か月と少しですが、
人の姿を見ては一生懸命に笑顔で愛想を振りまきます。
母親に対しては喜びようが違います。
声を出して話しかけようともします。

ところが
一方通行のテレビやゲームに頼る子育ての場合どうでしょう。
興味は示すかもわかりませんが、
表現能力は身につくでしょうか?

更には
電磁波の影響も言われています。

目を見ながらの会話や
肌で感じるぬくもりが
心の成長を促すように思います。

子供の成長には
その時々の愛情、刺激が必要です。

それを受けられなかった子供たちは・・・

テレビや携帯、ゲームの売れ行きも社会の経済には大切でしょうが、

もっともっと大事な情報を流してあげてほしいです。

赤ちゃんの成長が教えてくれること

”光陰矢のごとし”

もう2月も終わろうとしています。
梅は満開を迎え
桜の開花ももうすぐです。

でも私は・・・?
昨年末と比べても殆ど変りなくの日々を送っているように自覚しています。

が・・・
後1週間で生後2か月を迎える
孫の変化には明らかな違いがあります。

目が見え、耳も聞こえ出したのか
周りの人と意思疎通を図ろうとします。

相手の顔を見ては満面の笑顔を見せます。
暫く放っておかれたら、
誰かを呼ぶかのごとく泣きます。
もちろんお腹が空いた時も・・・

後少しするとひっくり変える筈です。
そのために
何度も何度も小さい体を横に向けてひっくりかえろうと挑戦するでしょう。

1歳の誕生日頃には自分の意志の下に沢山の事ができるようになるのを楽しみにしています。

反して
私は何の変化もないかのごとくに感じてはいるものの
きっと同じようなサイクルで体は衰えて行っているに違いありません。

今できていることが1年後にできる自信はありません。

赤ちゃんの一つ一つの努力を見るとき
我が身に置き換えて
足が、手が、頭が衰えないように日々使わなければ、
と改めて考えてしまいます。

日々衰えるのは仕方がないにしても
そのスピードを少しでも遅らせる為にしなければならない事は?
あれもこれも・・・・

のんびりしていられません!!

孫のお世話で得たもの

先日私にとっては3人目の孫が生まれ、
時間を見つけては片道2時間かけてお手伝いに通っています。

私も4人の子供を育てた経験があります。
子育てについては先輩!
と、意気込んではいたものの
いやいや忘れていることばかり
オムツ替え一つも戸惑います。
お風呂など怖くて入れられません。

でも、お手伝いに来たのだから、
と一生懸命頭に叩き込みました。

同じことを二度聞けば、
娘は
”お母さん大丈夫・・・?”

心配顔。

”大丈夫! お母さんはまだまだしっかりしてるよ!!”

安心させる為にも
しっかり覚えて行動しなければ、と自身に叱咤激励

娘宅にいるときは新入社員のように緊張の時間が続きます。

時々孫の笑顔が緊張を解してくれます。

そして気づいたこと

最近物覚えがちょっとだけ良くなったのでは・・・?
腕や足の筋肉も増えたのでは・・・?

人間
やらなければの状況に置かれ、やっていると体もそれに応えてくれます。
それも自覚できるくらいに。

孫からの何よりの贈り物です。

お世話通いの必要がなくなり
気が楽になって、
頭や体も元に戻らないようにしなければ。
娘ばかりでなく孫にも心配させないようにしなければ。

これからの課題です。
プロフィール

ちゃあちゃん

Author:ちゃあちゃん
日々の生活で気づいたことを長年生きてきた私の気持ちも添えて皆様に紹介したいとブログを始めました。
さらに子供や孫たちの記憶に残ることも願いながら・・・。 
職業 管理栄養士
家族 夫と二人住まい
   子供・・3男1女
 (全員結婚してくれました)
   孫・・2人
趣味 旅行と音楽に関すること

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR